債務整理の相談窓口

Blog

債務整理に要する期間とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理の手続きに要する期間

債務整理を行なうにあたり、実際手続きにどれほどの期間が必要になるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、債務整理に必要な手続きの期間ついてご紹介いたします。

債務整理の主な方法別の手続き期間

任意整理の手続き期間

任意整理が完了するまでの期間は、一般的には3ヶ月〜6ヶ月程必要といわれています。
債務整理において最もハードルが低いと言われているのは任意整理ですが、
裁判所を介さずに、直接各債権者と過払い金発生による借金の減額や利息の免除など返済方法の負担を減らすための交渉を行うことになります。
そして、任意整理は一般的に複数の債権者へ交渉を行っていくため、各債権者への交渉に要する期間は様々です。
手続きの期間は、交渉の内容や債権者側の対応によって変動する上、債権者側に同意をもらえなければ手続きは成立しません。
そのため債務者にとって負担の少ない内容で、交渉を成立させるためには時間を要することもあります。

個人再生の手続き期間

個人再生の手続きには、一般的に4ヶ月〜6ヶ月程必要といわれています。
任意整理を行っても借金の返済が厳しい人は、個人再生を通して借金の減額を行うのが一般的な手続きとなります。
裁判所を介して借金の減額を行う手続きであるため、借金の額に応じて減額される借金の割合は高くなります。
任意整理などとの違いとして、全ての債権者からの同意を得る必要はなく、裁判所から手続きが認めらると、借金の減額が可能な点です。

自己破産の手続き期間

自己破産の手続きには、一般的に3ヶ月~1年程必要といわれています。
手続きにかかる期間は、処分する財産に応じて変わってきます。

通常、破産手続きを申請する上で、換金する価値のある資産のあるなしで、
同時廃止事件か管財事件かに手続きが割り当てられ、
資産がないと判断された人は同時廃止事件
資産があると判断された人は管財事件
に割り当てられることになります。
自己破産する90%の人が同時廃止事件に割り当てられています。

同時廃止事件の場合は、手続き期間は3ヶ月〜6ヶ月程必要といわれています。
財産を処分する手間がないことから、手続きがスムーズに進められるためです。

管財事件の場合は、手続き期間は6ヶ月〜1年程必要といわれています。
同時廃止事件に対し、財産を処分する手間がかかるため、手続きを完了させるまでに必要な期間が長くなります。

まとめ

債務整理には、状況にあった手続きがあり、それぞれ必要な期間が異なります。
また、期間はあくまでも目安であり、手続きによって手間がかかる場合もあるため、
専門家に相談しながら、余裕を持って手続きを進めることが大切でしょう。

債務整理に関する悩みを解決します

アース司法書士事務所では、豊富な債務整理の実績をもとに、ご相談者様のお悩みを状況に応じた解決策をご提案しております。
お一人で悩まれる前にまずはお気軽にご相談ください。
ご相談はメールフォームまたは、お電話(06-4801-8080)にて承っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。