債務整理の相談窓口

Blog

債務整理前にやっておくべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理前にやっておくべきこと

債務整理がいくらの借金からするべきなのか、疑問に感じる人もいるかも知れません。
返済可能額が人によって異なるように、「返済不能」といえる状態は人によってまったく異なります。
現在は、キャッシングやクレジットカード、銀行カードローンなどの借金は気軽に利用できるようになりとても便利になりました。
住宅ローンや車のローン、教育ローンなどを利用する人も多いでしょう。
そのような借金の支払いができなくなりそうな場合には、債務整理で解決する方法が有効です。
実際に債務整理をする前に、手続きをスムーズに進めるために、自分で準備しておくべきことがあります。
今回は、債務整理をする前に自分でやっておくべきことについて、ご紹介します。

債務整理前に最低限やっておくべきこと

自分の借金状況、借入先の確認をする

・債権者(借金をしている相手先)
・現在の自分が認識している残債務額
・いつから借り始めたのか
・直近の返済日
専門家に相談する際にもわかる方が良い情報となります。
大まかでも債務状況がわかることで、対応策もスムーズに割り出すことができます。
より良い対応策を打ち出すためにも、最低限自分で整理し、把握しておきましょう。

その他やっておく/知っておくと良いこと

一回も返済していない借入先をなくす

債務整理について専門家へ相談に行く前には、一度も返済していない債権者をなくしておくことが重要です。
借入時期が新しい場合、一度も返済出来ないまま債務整理手続に入ってしまうことがありますが、
一度も返済していない債権者があると、債務整理をスムーズに進めることが難しくなる可能性が高くなります。

例えば、任意整理をしようとしても、一度も返済していない債権者は話し合いに応じてくれないことが多いのが現状です。
利息の減額にほとんど応じてくれないケースも多くあります。

自己破産においても、同様です。詐欺的な破産であると主張され、手続き上問題になる可能性があります。
このように債務整理をする際には、一度も返済していない債権者があると手続きが難しくなる可能性が高くなるため
一度も返済していない債権者がある場合は、最低一度は返済していた方が望ましいでしょう。

まとめ

債務整理をする際は、スムーズに進めるために事前の準備をきちんとすることをオススメします。
余裕があれば、専門家に相談する前に債務整理についても少し情報を集めておくと良いでしょう。

債務整理に関する悩みを解決します

アース司法書士事務所では、豊富な債務整理の実績をもとに、ご相談者様のお悩みを状況に応じた解決策をご提案しております。
お一人で悩まれる前にまずはお気軽にご相談ください。
ご相談はメールフォームまたは、お電話(06-4801-8080)にて承っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。