債務整理の相談窓口

Blog

債務整理後はブラックリストに載る?載らない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブラックリスト」というリストはない

実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。
しかし、債務整理をすると、信用情報機関にその金融事故記録の情報が登録され、借り入れができなくなります。
このことを通称「ブラックリストに載る」と呼ぶことがあります。

新規の借り入れの申し込みを受けた金融機関は、信用情報機関の登録情報を確認します。
事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わず、現在利用しているカードも使えなくなる可能性があります。

どのような情報が載るのか

信用情報機関には、金融機関の貸付の審査に役立つための様々な個人信用情報が登録されています。

登録される信用情報機関とは

次のような信用情報機関があり、各機関により登録される情報や、登録期間が異なります。
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)

登録される例

株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合
・債務整理・・・発生日から5年
・自己破産申立、個人再生申立・・・発生日から5年
・入金予定日から3カ月以上延滞・・・延滞中ずっと
・延滞解消(延滞解消をすると延滞情報から着替えられる)・・・延滞解消日から1年

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合
・ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況・・・契約期間中および契約終了日から5年を超えない期間

株式会社シー・アイ・シー(CIC)の場合
・お支払状況に関する情報(報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、延滞・保証履行・破産の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等)

また、債務整理をした場合、各信用情報機関にその情報が登録されます。
登録の期間は、どの債務整理手続きをとったのかということによって異なり、さらに信用情報機関によっても異なります。
そして情報が残っている間は新規に借入ができなくなるのです。

まとめ

何をもってブラックなのか一律にされているのではありません。
取引が停止された場合などの具体的な理由については、金融業者から原則は開示されません。
しかし、債務整理を行なうと、各信用情報機関にその金融事故記録が登録されることになります。
債務整理は、「ブラックリストに載る」ということと、その登録によるその後の借り入れへの影響も認識した上で行なうことが大切です。

債務整理に関する悩みを解決します

アース司法書士事務所では、豊富な債務整理の実績をもとに、ご相談者様のお悩みを状況に応じた解決策をご提案しております。
お一人で悩まれる前にまずはお気軽にご相談ください。
ご相談はメールフォームまたは、お電話(06-4801-8080)にて承っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。