債務整理の相談窓口

Blog

債務整理の知識 債務整理って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理とは一体?

借金問題を解決するための法的な手続きをいい、その手続きは④つ分けられます。

①任意整理

②個人再生

③自己破産

④過払い金請求

これらの手続き行うための手段で、金銭に関わる問題を司法書士や弁護士といった専門家を解決をはかることを、債務整理と呼びます。
では、まず項目順にご説明しましょう。

任意整理ってなに?

裁判所などの公的機関を通さずに、司法書士や弁護士が、貸金業者と直接返済の方法や借金を減額してもらうよう交渉し、よりよい条件での合意をさせる手続きのことをいいます。

自己破産せずに借金を減額することができ、債務整理の中で最もよく利用される手続きです。

個人再生ってなに?

「自己破産はいや」「家を手放すのはいや」という人が行う手続きです。
裁判所に申し立てを行ない、借金の額を減らす手続きです。

任意整理を行ってもまだ返せない額の借金が残っている場合でも自己破産はしたくない人、または住宅ローンの返済に困ったときに、マイホームやマイカーを維持しながら借金の減額が出来るのが特徴です。

自己破産ってなに?

任意整理や個人再生を行っても、まだ多重債務に陥ってしまった方のために、地方裁判所に債務(借金)を免責してもらうことによって、借金を帳消しにすることができる手続きです。借金が免除される分、裁判所での手続きも厳格に行われ、一定の財産は手放さなくてはなりませんが、生活に最低限必要なものは保護されます。

過払い金請求ってなに?

過払い金とは、金融業者に返しすぎたお金のことをいいます。
法律で決まっている以上の金利を超えた利息でお金を支払っていることがあります。その差額は、本来であれば払う必要がなかったお金の事を「過払い金」といい、取り戻す手続きのことを過払い金請求といいます。過払い金請求は債務整理とは少し違い、信用情報に事故情報が残りません。

まとめ

債務整理には それぞれその人の状況にあった手続きがあります。
専門家に相談し、自分に合った方法を見極めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。