債務整理の相談窓口

Blog

債務整理のメリットとデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理に手続きをすると、借金が減ったり帳消しになったりと、生活の再健ができます。
しかし、メリットがある反面、やはりデメリットもあります。

任意整理のメリットとデメリット

メリット

  • 将来発生する利息の支払いが0になる
  • 手続きが簡単
  • 業者を選んで整理可能なので、クレジットカードなどが残せる
  • 業者からの取り立てが全てなくなる
  • 過払い請求と組み合わせれば元金が減る可能性もある
  • 家や車など財産を手放す必要がない
  • 家族・会社にバレる心配がない

デメリット

  • 他の手段より減額できる幅が小さい
  • 手続き後5~7年は借り入れ不可
  • 手続き後5~7年程はクレジットカードの新規発行が出来なくなる
  • 金融業者との交渉になるので必ずしも借金が減るとは限らない
  • 安定した収入がないと手続き出来ない

個人再生のメリットとデメリット

メリット

  • 業者からの取り立てが全てなくなる
  • 借金額の大幅な減額が可能(元金の1/5もしくは100万円)・3年で完済できるように
  • 借金の経緯が問われることがない
  • 原則として、家や車など財産を手放す必要がない

デメリット

  • 安定した収入が必要
  • 官報に氏名が掲載される
  • 手続き後5~7年は借り入れ不可
  • 5~7年程はクレジットカードの新規発行が出来なくなる
  • 個人での手続きはかなり難しく、専門化への依頼が必要

自己破産のメリットとデメリット

メリット

  • 全借金の返済を免除される
  • 業者からの取り立てが全てなくなる
  • 生活に最低限必要なものは保護される

デメリット

  • 家や車等、財産を失うことになる
  • 官報に氏名が掲載される
  • 手続き後5〜10年は借り入れ不可
  • 5〜10年程はクレジットカードの新規発行が出来なくなる
  • 住宅などの高額財産を処分しないといけない場合がある
  • 家族の協力が必要な場合がある

まとめ

任意整理と個人再生は、現状の住宅ローンや住居に関しては、手放す必要もなく、個人再生だとさらに返済期間に余裕を持てたりと逆にメリットが多くなりますが、自己破産の場合は、確実に持ち家を失い、他デメリットも多くなりますので、注意しましょう。
いずれも、自分に最適な手続きを見極めることが必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。