債務整理の相談窓口

Blog

債務整理にかかる費用はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理を司法書士に依頼する場合、費用の支払いができるのか、などの心配がありますよね。
経済的に厳しい状況であるのに、どうやって費用を支払えばよいのか、、、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?
ここでは債務整理における司法書士への報酬金額についてご説明していきます。

費用の相場とは?

基本的に報酬額に基準はありませんが、司法書士の報酬に関する原則の規制があり、解決報酬金、減額報酬金、過払金報酬金のそれぞれに上限の規制が設けられています。

【相談料】相談時に発生する費用(時間単位で費用が算出されます)

【着手金】専門家が依頼を受けた時点で発生する費用。債務整理の成功の有無に問わず費用が発生します。

【報酬】債務整理の手続きが成功した場合に発生する費用。

【手数料】債務整理手続きに係る事務処理経費

また、債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い請求」の4つの手続きがありますが、それぞれの手続によってかかる費用が異なります。

任意整理の費用相場とは?

こちらの手続きに関しては、裁判所を介さず賃金業者と専門家の交渉で手続きが完結するため、裁判所の費用はかかりません。

・着手金の相場:2万円~5万円程度
・報酬金の相場:実際に減額した金額の10%

個人再生の費用相場とは?

裁判所を介して借金の返済額を減らす手続きのため、裁判所の費用がかかってきます。

・着手金の相場:40万円程度

【裁判所費用の相場】

・収入印紙代:約1万円
・官報掲載費用:1万2千円程度
・郵便切手代:約1600円
・個人再生委員への報酬:約25万円

自己破産の費用相場とは?

本人でも手続きをすることは可能ですが、確実に手続きをするために、弁護士などの専門家に依頼すること方が無難です。また、こちらも裁判所を介して借金の返済額を減らす手続きのため、裁判所の費用がかかってきます。

・着手金の相場:30万円程度

【裁判所費用の相場】

・同時廃止事件:1万5千円~4万5千円
・管財事件:20万円~30万円

過払い金請求の費用相場とは?

・着手金の相場:5万円程度
・報酬金の相場:回収した金額の20%程度

 まとめ

上記でまとめた内容に関しては、あくまでも相場になりますので、事務所によって異なります。最近では、無料相談窓口などを設けている事務所が増えてきています。本格的に依頼をする前に、無料相談などを受け、費用に関してもあらかじめ確認するとよいでしょう。

当事務所で過払い請求をした場合の費用などもまとめていますので、合わせてご確認ください。
→詳しくはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。